2017年3月28日

ウェブサイトをリニューアルいたしました

 
2017年3月15日

sample1

2017年3月15日

sample2

2017年3月15日

中国越境ECインサイト 2016/2017

中国人の爆買いの終焉と訪日旅行者数 訪日中国人によって巻き起こった爆買いブームが終焉を迎え、各メディアでも中国人の消費額が減った、百貨店などの売り上げが大幅に下落しているなど中国人のインバウンド市場が縮小しているともとれる記事を目にすることが多くなってきています。確かに大手家電量販店などの前に何台もの観光バスが横付けされ、大勢の中国人旅行者がなだれ込むようにして商品を買い漁るような光景は見なくなりました。しかし、実施に中国人の訪日数を見てみると、爆買いブーム終焉のイメージとは逆に、前年比で右型上がりで旅行者数は増え続けています。2017年1月の訪日数は63万人を超え、昨年同月比37%増で過去最高水準となっています。 なお、2016年の中国人訪日旅行者数の推移は下記の通りです。年間637万人の中国人が日本を訪れました。2016年の訪日外国人数は2400万人でしたので、実に3割近くが中国からということになります。(参照:JNTO) これは中国人消費者の購買行動が変化したことや、旅行者の日本への訪日目的が買い物以外の所に興味が向いていることが要因です。訪日の際に購入意以外に、中国でブームとなっている越境ECを利用して日常的に海外からインターネットを経由して商品を購入する「ハイタオ」ユーザーが増えてきた事や、旅行の際に買い物から体験型のイベントに参加したり、レジャー目的の個人旅行者が増えてきた傾向の表れです。 中国における越境ECの市場規模 中国の2016年における越境EC利用規模は9200億ドルに達しました。これはBtoC、BtoBを含めた取引額で、2018年までにはさらに30%増えると見込まれています。(中国iMediaより) 利用者数に関しても年々増加しており、2016年には4.1億人、そして2018年には7.6億人に達する見込です。 ハイタオユーザーによって利用されているECプラットフォームのシェアはKaola.com、TMall Global、Global VIPの順となっていますが、それほど差はありません。また最近では新興越境ECプラットフォームも増えてきており、今後さらに競争が激化すると予想されます。 中国ハイタオユーザー像 2016年のハイタオユーザーは次のようなセグメントとなっています。これらのターゲット層は日本商品に興味のある購買力の高いユーザー層とも一致しています。 ユーザーは平均で2-3個の越境ECプラットフォームの専用アプリを利用しています。下記はそれらアプリの利用頻度を示しています。週に2~5回の利用が全体の6割近くを占めていることがわかります。また1回あたりの利用時間は30分前後が最も高くなっています。 商品の購入頻度は毎月~月に2、3回が全体の45%以上を占め、更に、週に1回以上の利用者が全体の5%を占める高い利用頻度が伺えます。 1回あたりの利用額です。301-500元(約5000円~8000円)がもっとも高く全体の4割以上を占めています。 購入している商品別では、化粧品やスキンケア商品が4割以上を占め、そのほかには子供用品、ファッション用品が高くなっています。なお、今後購入したい商品の中では健康(健康食品や健康器具など)に関する商品に関心が高くなってきているようで、利用者の4割弱が将来的にそれら商品の購入を検討しているようです。 中国人消費者の購買行動 今回のデータからもわかるように、現在中国において、ハイタオを利用するユーザーは非常に多く、インバウンドのみならず越境ECを経由して商品の販売促進を実施することが重要であることがわかります。勿論インバウンド施策としてプロモーションやブランディングを実施することで、訪日した際の購入を促進し、帰国後に越境ECを経由したリピート購入にも繋がります。中国人消費者の購入に至るまでのプロセルの中で、ソーシャルメディアを介した口コミ情報は大きく影響しています。特に影響力の高いブロガーやKOLと呼ばれるインフルエンサーの上は、企業の配信する広告よりもはるかに高い影響力を持つ場合があり、ソーシャルメディア上の口コミを分析することは中国マーケティングを成功させるうえで必要不可欠となります。
2017年3月15日

中国人が春節に訪日した時のWeiboつぶやき10選

中国人による消費が低迷し、爆買いは終焉を迎えた・・・そんなニュースを誰もが目にした来ているはずです。確かに訪日中国人による旅行中の消費額が減ってきてはいます。しかし、訪日旅行者数と消費は比例していません。消費に関しては越境ECなどのオンラインを経由した購買が増えている傾向にあります。 関連記事:中国越境ECインサイト 2016/2017 JNTOによって公開されている中国人旅行者も増え続けており(2017年1月は63万人で前年同月比で32.7%増)、中国人の旅行目的が今までのようにショッピングメインから観光や体験を重視する方向性に変わってきていることが伺えます。 今回は、2017年の春節期間中に訪日した中国人旅行者のWeibo上のつぶやきのなかから10選ご紹介します。 訪日中国人旅行者のWeibo(ウェイボー)のつぶやき 1.温泉が好き 日本に行ったらもちろん温泉旅館で料理を食べます。日本は大分県の温泉がすごく有名で鉄輪地獄蒸し料理も特別です。自分が食材を選んで蒸すことができます。隣のお年寄りさんがしゃべっていてすごく暖かく、そういう雰囲気が大好きです。 雪を見ながらの温泉~まるで童話に出てきそうなこの雪国~キレイな函館 2.初めてのスキー体験 日本の富山市に到着、初日スキーを体験してきた。夜はずっと楽しみにしていた温泉ホテルへ!温泉用に水着を2セット用意したのに、まさか日本の温泉は裸に入るなんて~ ニセコは粉雪で有名、まるで童話の世界。冬に北海道に来る方はぜひ!初めてのスキーは楽しかったけど、何回も転んだな~ 3.日本のトイレにびっくり 昨日東横ホテルに泊まりました。日本のトイレの四つ特徴。 ・トイレットペーパーが水に溶ける。 ・ほぼすべての便座は暖かい。 ・ノズルが小さいけど、パワーが強い。 ・音楽もあります。 4.WechatやAPLIPAYで支払いが出来て便利 日本のタクシーはWECHAT払いとALIPAYが使えるようになっています。 このお店では「銀聯はだめですけど、WECHAT払いとALIPAYができますよ。もし口コミ評価をしたら、さらに10%の割引がありますよ」には驚きました。 5.自動販売機とガチャガチャ 日本は自販機とガチャガチャが本当にいっぱいあります。どこでもあります。とくに飲み物の自販機はとても便利だと思います。 6.日本語がわからなくても大丈夫 店員が中国語のできないお店でも、お会計の時に翻訳アプリを使えば大丈夫、本当に便利です。 7.電車の中が静か・・・ […]